キリスト教葬儀 マナー

キリスト教葬儀のマナーのご紹介

仏式による葬儀が一般的に行われている中、キリスト教葬儀も増えてきました。
しかし、実際にキリスト教葬儀に参列したことがあるという方は少ないのではないでしょうか。

 

そこで、実際の体験談を基に、キリスト教葬儀のマナーを学びたいと思います。

 

キリスト教葬儀の体験談①

 

先日、友人のお母さまが亡くなられ、葬儀に参列してきました。
友人のお母さまの葬儀は、教会で行われました。
キリスト教式の葬儀です。

 

私は、キリスト教の葬儀に参列するのは初めてで分からないことばかりで正直、不安でした。
仏式による葬儀とは異なる点があることは何となく分かっていたのですが、
具体的なことは何も分かりません。

 

一緒に参列することになった友人が、ミッション系の大学で仕事をしており、
キリスト教葬儀に詳しかったので、色々と教えてもらいました。

 

例えば、キリスト教葬儀では香典ではなく「御花料」になること。
御花料を包む際は、十字架が描かれた熨斗袋を使用すること。
また、キリスト教葬儀では焼香や玉串奉奠の代わりに「献花」を行うということ。

 

教会で行われた告別式は、はじめに牧師さまが聖書を読まれ、説教が行われました。
未信者の私にでもよく理解できる神さまについてのお話でした。

 

次に、参列者で讃美歌を斉唱しました。
事前に歌詞カードを配られていたので、それを見ながら私もみなさんと一緒に歌いました。

 

最期に、白い花を献花して最後のお別れをしました。
キリスト教葬儀に参列したのははじめてでしたが、とても感動するお葬式でした。

 

 

キリスト教葬儀の体験談②

 

キリスト教式で行われた叔母の葬儀に参列しました。
告別式は叔母が生前通っていた教会で行われました。

 

私も、幼い頃何度か叔母に連れられて訪れたことがある教会です。
いつも礼拝が行われていた礼拝堂は葬儀会場になっていて、
白を基調にした生花で祭壇が設けられていました。

 

祭壇の中央には、大きな十字架と十字架の下には叔母の遺影が飾られていました。
叔母が好きでよく口ずさんでいた讃美歌を歌い、
叔母が大好きだった白いカスミソウを献花して天国への旅立ちを見送ってきました。

 

 

このように、

香典袋の名称
献花の仕方
賛美歌を歌うこと

などがポイントです。

 

 

キリスト教葬儀の服装

 

 

キリスト教葬儀サポートセンター

 

→ キリスト教 葬儀