キリスト教葬儀 喪主

喪主の大変さ -つらさも希望に変わる-

キリスト教葬儀の喪主を務めた方のことば

 

私事ですが、今年の2月に私の父が亡くなりました。

 

母が喪主を務めたのですが、最愛の伴侶を亡くし、悲しみのどん底にある中、
喪主として葬儀の打ち合わせや親類の対応などに追われる様を目の当たりにして、
喪主の大変さ、つらさを痛いほど感じたものです。

 

ここでは、喪主の大変さ、つらさについてまとめてみました。

 

葬儀の一切を取り仕切る喪主

 

喪主は、葬儀の一切を取り仕切り、葬儀費用も負担するという大変な役割を担うことになります。
キリスト教式で葬儀を行う場合も、喪主は亡くなった人と最も近い身内が務めるのが一般的です。
例えば、故人の配偶者や子ども、きょうだいなどです。

 

最愛の伴侶や家族を亡くして気持ちの整理もつかないうちに、葬儀会社を決めて日程などの
打ち合わせを行ったり、親族や知人への対応などのすべてを行わなくてはならない喪主は、
精神的にも大変つらいものです。

 

 

つらい時に頼れる葬儀会社

 

喪主の担う役割と責任は非常に重く、心身共に大変つらいものですが、
このような時に頼りになるのが葬儀会社です。

 

葬儀会社は、遺体の運搬、安置から通夜や告別式の段取り、斎場の手配まで、
葬儀に関するあらゆることを、遺族と打ち合わせを行いながらサポートしてくれます。
喪主として、つらかったり、大変なことがあれば遠慮なく葬儀会社のスタッフに申し出れば、
きっと力になってくれるはずです。

 

また、キリスト教式で葬儀を行う場合は、キリスト教専門の葬儀会社にお願いするのが間違いないでしょう。
何故なら、日本では9割以上が仏式での葬儀を執り行うため、キリスト教式の葬儀に慣れていなかったり、キリスト教式の葬儀に関する知識が不十分の葬儀会社も少なくないからです。

 

 

大変さ、つらさも希望に変わる

 

愛する人の死は、とても悲しくつらい、耐え難いものです。
そのような中にあって、喪主を務めるのは本当に大変なことです。

 

しかし、キリスト教において人の死とは、嘆き悲しむものではなく、絶望や終焉を意味するものでもなく、
これまでの地上での罪や苦しみを許され、神のいる天国へ旅立つことができる「祝福される記念すべき日」であるとされています。

 

キリスト教の死生観、人の死に対する捉え方や考え方は、
喪主の方の大変さ、つらさも希望に変えてくれるでしょう。

 

 

→ キリスト教 葬儀

 

→ キリスト教葬儀社

 

→ キリスト教葬儀 費用

 

 

 

キリスト教葬儀の喪主の役割やご挨拶の仕方、挨拶状の書き方記事一覧

ここでは、キリスト教専門の葬儀社・神愛セレモニーが提供する、喪主挨拶の文例をご紹介させていただきます。これは会葬礼状として参列者の方々へお配りしたご挨拶状になりますが、これを読み上げることによって、喪主挨拶としています。キリスト教信仰に基づいて、神さまの恵みを想い、故人様との思い出を偲びながらも、参列する未信者の方々にも分かりやすい表現にすることが大切です。→ キリスト教 葬儀→ キリスト教葬儀 ...

香典返しではなく返礼品キリスト教葬儀での香典返しですが、まずキリスト教では焼香をしませんので「香典」という言葉を使いません。「香典」は「お花料」といいますが、「香典返し」は「返礼品」と呼びます。返礼品の表書きについても、「志」「偲び草」などという言葉は仏教的ですので、「感謝」「返礼」というように書きます。信仰的な表現にこのように、日本の慣習に合わせながらも、できるだけ異教的な表現がないようにするこ...

クリスチャンのお葬式・告別式を教会や葬儀場で行うには、どうしたらいいでしょうか?・日本の一般的なお葬式との大きな違いは何か?・キリスト教の信者でなければいけないのか?・キリスト教の葬式代・葬儀費用の相場はいくらか?・牧師や神父への謝礼はいくらが相場か?・故人と遺族の宗教が違う場合には?という5つの点について解説致します。日本の一般的なお葬式との大きな違いは何か?従来は、日本の葬儀と言えば仏式で行わ...