キリスト教葬儀 賛美歌

キリスト教葬儀でよく歌われる賛美歌

キリスト教葬儀でよく歌われる賛美歌をご紹介いたします。

 

いつくしみ深き

 

 

 

「いつくしみ深き」は、恵み深い神さまの慈しみを讃えている賛美歌です。

 

つらく、悲しいときでも、救い主なるイエスさまは私たちと共におられ、
私たちを慰め、いたわって下さいます。

 

ためらうことなく、心の内を神さまに語り明かして、
神さまからの平安を受け取りましょう。

 

 

 

かみともにいまして

 

 

 

「かみともにいまして」は、大切な人との別れ、旅立ちに際して、
神さまの守りを祈り、再会を願う歌です。

 

葬儀で歌う場合には、故人が無事に天に召されるようにとの祈りを込めながらも、
地上に残されている遺族が、困難な中でも神さまの守りによって生かされ、
また天の御国で会えるようにとの願いが込められています。

 

 

 

主よみもとに近づかん

 

 

 

「主よみもとに近づかん」は、天に召された故人が、
まさに天の御国に迎え入れられようとしている瞬間を歌い、
天国への希望を胸に刻むための賛美歌です。

 

天の御国に導かれ、神さまの御顔を仰ぎ見ることができるその時は、
なんと幸いな時なのでしょう。

 

 

 

キリスト教葬儀での祈りの言葉